「信頼されるリーダー」

 

会員開発委員会 

委員長 吉田 直也 

 

 新型コロナウイルスの蔓延は、経済や雇用情勢の悪化といった事態を招き、社会に閉塞感を与えています。他方、2019年に開催されたG20大阪サミットにおいて、海洋プラスチックごみによる環境汚染防止の必要性が共有されるなど、環境問題が今まで以上に私たちの身近な問題として認識されるようになりました。「明るい豊かな社会」の実現を標ぼうする私たち箕面青年会議所(以下、JCI箕面)のメンバーこそが、コロナ禍における社会の閉塞感に立ち向かい、地球の未来ために率先して行動するリーダーとなって、社会を牽引する必要があります。

 まずは、メンバー同士の関係や絆を深めるとともに、JCI箕面の運営において重要な役割を担っていることを認識し、リーダーに必要な責任感を養うため、毎月の定例会の設営を行います。そして、周りからの信頼を勝ち取るために必要なリーダーの素養を習得することで、JCI箕面が一致団結して行動できる組織となること、及びJCIのメンバー一人ひとりにリーダーとしての自覚を与え日々の言動に変化を与えることを目的として、3月定例会を開催します。また、JCIメンバー一人ひとりが、リーダーシップを発揮して、箕面のまちや箕面の人たちに活気を与える一助となるべく、箕面まつりに出店します。さらに、近隣青年会議所との交流を通じて、リーダーに必要なコミュニケーション力、調整力、統率力といった能力を向上させるために、主管として、4LOM合同例会を実施します。

 現在のことではなく未来のこと、そして自分たちのことではなく周りの人たちのことを最優先に考えて行動する利他的なリーダーを生み出し、JCI箕面が一致団結して行動することにより、「打破!」を実現します。

 

<事業計画>                                      <実施月>

1.定例会の設営                                      通年

2.担当定例会の企画・運営・実施                              3月

3.箕面まつりへの出店                                   7月

4.4LOM合同例会の企画・運営・実施                          10月